【初心者さん必見】出会い系での実際の「失敗談」を晒します|原因と対策も紹介

失敗談

アダルトブログランキングに参加しています。ポチっとお願いします(^-^) アダルトブログランキング

私自身、出会い系サイトを利用して女性とSEXしたり定期的なセフレにするのが目的なのですが、それがうまくいかない場合があります。

具体的には、
・女性と会えなかった
・2回目以降会ってくれない
・サイト内で業者にだまされる
といった様々な失敗です。

この記事では、私がこれまで体験した出会い系での「失敗談」を具体的に紹介します。また「失敗の原因」「今後のための解決策」も紹介しますので、皆様の失敗回避に役立てたらと思います。

内容は随時追加していきます。

【失敗談】会う当日にLINEやカカオで「既読」がつかず女性と連絡が取れない

【実際の体験談】

掲示板の足跡から30代前半の女性と知り合い、その女性にこちらからサイト内でメールしました。

 

「大人のおもちゃが興味ある」とのことで、たった2通目でカカオでのやりとりのOKをもらいました。

 

終始エッチなやりとりをして、2日後に会ってエッチすることに。会う日の当日は朝も仕事の昼休憩もカカオで返事が来ていたのに、実際に会う夜の時間の30分前から既読がつかず。

 

結局、約束の時間にも女性は現れず、カカオもその後既読にはなりませんでした。

【失敗の原因と対策】

「おや?」と気になる点が当初からいくつかありました。列挙しておきます。

女性のプロフの自己紹介がすでにエロい

失敗談の資料

自己PRの自由コメント部分に、女性が上記スクショのようにエロいことを具体的に書いていました。こういう女性は一般的には業者の可能性が高いので相手にしない方が良いです。今回の場合は、すんなりカカオに移行できたので私も騙されました。愉快犯(暇な女性、メンヘラ、構って欲しい女性、寂しがり屋の女性)もこの傾向があると思います。

本当に会える素人の女性は、この自由コメントに恥ずかしくてエロいことを書いてきません。エロいことを書くのは「構って欲しい暇人」か「男を騙したい業者・キャッシュバッカー」です。

オマンコとかの言葉を女性から書いてくる

失敗談の資料

理由は上記に同じです。素人の女性は、なかなか自分から「オマンコ」とか書いてこないです。

やりとりの文章にハートマークが多すぎる

失敗談の資料

ハートマークが多い女性も、単に愉快犯か業者が多いです。

待ち合わせ場所について確認してこない

素人の女性の場合、待ち合わせ場所をこちらから提示すると、だいたいは場所の確認をしてきます。

「そこは〇〇の近くの改札の方ですか?」とか「詳しくないので分かるかな~」とかです。

今回の失敗談では、そういうことを女性が聞いてきませんでした。

逆に、素人を確信するために、私は待ち合わせ場所に少し難しい場所を設定することがあります。そうすると、本気で会いたい女性は、向こうから場所を確認してくるからです。

ひろし

カカオはLINEよりも匿名性が高いので信頼性に欠けます。カカオでやりとりの女性には常に注意が必要です。

【失敗談】 会う直前に時間変更・ドタキャンしてくる女性

【実際の体験談】

40代のシンママさんと会う約束をしたのに、会う当日の1時間前にドタキャンされました。

 

理由は「用事が長引きそう~」とのこと。あまり悪びれた様子はない感じでした。

 

こちらは、仕事の段取りや車の手配などして遠くから1時間くらいかけて会いに行く予定の女性でした。

 

結局、こちらから断りました。

【失敗の原因と対策】

気になっていた点を列挙しておきます。

LINEでのやりとりが「だらしない女性」は会っても面白くない

LINEでのやりとりで、何となく相手の印象もわかると思いますが、この女性の場合、LINEの文章のはしばしから「だらしない」印象を私は感じていました。

具体的にスクショは出せないのですが、発言から「面倒くさい」「自分から動きたくない」感がプンプンしていました。

こういう女性は、相手を気遣う心が欠けているので、会っても面白くないパターンが大半です。

相手に気遣いしない女性は、自分自身にも気遣いできないので、化粧っけなく、平気でトレーナーとGパン、サンダルで現れたりします。

つまり、会ってもSEXする気持ちが湧かない女性が多いです。

直前にドタキャンする女性は切った方が良い

よっぽどの理由でない限り、直前でドタキャンする女性は自分のことしか考えられていないので、この後に相手をするのは時間の無駄だと経験上感じます。振り回されるのがオチです。

状況にもよりますが、理不尽なドタキャンをする女性は2度と会わない方が得策で、次に素敵な女性を探した方が良いと思います。

【失敗談】 サイト内でずっとメール交換させられた

【実際の体験談】

出会い系サイト内でやりとりをしていて、こちらから「LINEかカカオでやりとりしましょう」と誘ったら、「もう少しサイト内でやりとりしたい」「信頼できない方とすぐにはLINE交換できない」と言われ、いつまでたってもLINE交換できず、ポイント課金がどんどん増えていった。

【失敗の原因と対策】

LINEやカカオの交換を渋る女性は切るのが正解

LINEやカカオでのやりとりを嫌がり、サイト内でのやりとりを継続させてくるのは一般的に業者(キャッシュバッカー)です。

キャッシュバッカーとは?

キャッシュバッカーは、サイト内で男性とやりとりを行うことでポイントをため金券等に交換する人で、女性の小遣い稼ぎや、ときには男性が女性になりすましてキャッシュバッカーをしている場合もあります。

また、もしもそのやり取りをしている女性が素人だとしても、LINEやカカオを渋るということは「慎重な女性」なので、実際にLINE交換できたとしても、会うのを渋る、会ってもSEXを渋るなど、結果的にエッチできない確率が非常に高いです。

以上の理由から、LINEやカカオの交換を断る相手は、相手をせずにそっとフェードアウトするのが正解です。その方がポイントの無駄にもなりません。

できれば、こちらからのメッセージが4,5通目にLINE交換を打診して交換できれば上出来です。

LINE交換のコツは下記をご覧ください。

→ 3.LINEに誘うときのメール文章はこれ!

ひろし

失敗談は随時追加していきます。