【考え方】使うサイトを多くすると人妻に会いやすくなる理由

使うサイトを多くすると人妻に会いやすくなる理由

アダルトブログランキングに参加しています。ポチっとお願いします(^-^) この記事にはプロモーションが含まれています アダルトブログランキング

「出会い系サイトを使っているが、人妻・熟女となかなか会えない」という男性の方からの相談をよく受けます。

あなた
あなた

3つサイトやってるけど、全然反応ないやん!

人妻・熟女と出会えない理由は複数考えられますが、メインの理由として、

使っているサイトの数が少ない

という点が挙げられます。

質問ですが、「会えないよ~」と言っているあなたは、いったいいくつの出会い系サイトを使っていますか?

結論から言いますと、

最低でも出会える優良な出会い系サイトを8つ同時に使ってみてください。

出会い系サイトを多く使うことで、人妻・熟女と出会える人数や出会える確率が高くなります。

管理人
管理人

私は普段は8つのサイトを使って人妻・熟女と会ってセックスしています。

なぜ多くのサイトを使うと人妻・熟女と出会える人数や出会える確率が高くなるのかを説明します。

なぜ、使う出会い系サイトが多いと出会えやすいのか?

使う出会い系サイトが多い場合
  • 会える人妻の人数が多くなる
  • 色々なタイプの人妻に会える
  • ダメでも精神的にラク
  • PDCAを回しやすい

一つずつ説明します。

会える人妻の人数が多くなる

出会い系サイトを多く使うと、出会える人妻・熟女の人数が多くなります

その理由は、接する人妻・熟女の人数が多くなるからです。

分かりやすいように、使っている出会い系サイトの数が1つの場合と、8つの場合で説明します。

A男さんがいたとします。A男さんは、人妻さんとやりとりした場合には20%の確率で実際に会ったり、セックスできたりするとします

A男さん
A男さん

僕は、人妻さんとやりとりできれば、20%の確率で会うことができる!

10人とやりとりしたら、2人と会えるぞ!

そうすると、以下のような計算になります。

使っている出会い系サイトの数が1つの場合

1つのサイトに投稿して10人の女性から足跡があったとします。

・その10人のうち8割の業者を省いて、2割の素人人妻2人とメッセージやLINEでやりとりできたとします。

素人人妻とやりとりして会える確率が20%なので

2人×20%=0.4人

➡ 実際に会えるのは0人か1人

使っている出会い系サイトの数が8つの場合

8つのサイトに投稿して80人の女性から足跡があったとします。

・その80人のうち8割の業者を省いて、2割の素人人妻16人とメッセージやLINEでやりとりできたとします。

素人人妻とやりとりして会える確率が20%なので

16人×20 %=3.2人

➡ 実際に会えるのは3人か4人

会える確率は人によって違いますが、1つや2つのサイトしか使っていないと、上記例では1人も会えないことがわかります。

会えないのは、男性のスキルもありますが、タイミングや運も多いに影響します

サイトを使っている女性がマンネリ化していて動きがなかったり、あなたの投稿文がずっと同じ内容だったりすると、飽きられて選ばれなくなります

女性の流動が少ないと、1つのサイトで2か月くらい会えないこともあります

釣のイメージ

そういう時は別のサイトでも活動することがコツです。

サイトを多く使うことで、より多くの女性にあなたの情報(プロフィール文や投稿文)が露出されます。

露出を増やすのはとても大事です

女性の目に触れれば、それを見て反応があります。

使う出会い系サイトが1つや2つだと、そもそも女性への露出が増えませんが、使うサイトを8つ使うと、露出数を数倍に増やすことが可能になります。

露出を増やすと反応が増え、おのずと会える人数も多くなります。

よって、できるだけサイトを多く使ってみてください。

色々なタイプの人妻に会える

出会い系サイトによって、そこに登録している人妻・熟女のタイプに少し違いがあります。

おそらく、各出会い系サイトの宣伝広告(雑誌やネット広告のターゲット設定)によって、ユーザーの質も変わるのだと思います。

私のこれまでの体験では、サイトによる出会える人妻・熟女の特徴は次のようになります。

サイト名そのサイトで出会える人妻・熟女の特徴
PCMAX(18禁)遊び慣れた人妻が多い印象。
ハッピーメール(18禁)美意識の高い上品な人妻・熟女さんが多い印象。長期的なセフレ関係を望む人妻さんが多い印象。
ワクワクメール(18禁)初めから「ヤリモク(セックス目的)」の人妻や熟女が多い印象。人妻・熟女が「サクッと会える男性」を探している。
イククル(18禁)常識的で真面目な人妻が多い印象。
Jメール(18禁)近所のスーパーで買い物をしていそうな普通の主婦が多い印象。
華の会メール(18禁)40代、50代、60代の人妻・熟女が多い。女性もすれていない人が多く、「浮気が初めて」という人妻・熟女も多い。
YYC(18禁)真面目で清楚系な人妻・熟女が多く、美意識も高めの女性が多いので、キレイな女性が多い。
メルパラ(18禁)近所の少し安めのスーパーにいるような主婦が多い印象。

ですので、使うサイトを多くすることによって、今までと違うタイプの人妻・熟女と出会えることになります。

例えば、浮気が初めてのウブな熟女を狙いたいなら「華の会」を使い、少しセレブ系のキレイめな主婦を狙うなら「ハッピーメール」というように使い分けると面白いです。

色々なタイプの人妻と会うために、多くのサイトを使うことをオススメします。

ダメでも精神的にラク

サイトを多く使うことによって、精神的ダメージを軽減することができます。

例えば、2つのサイトしか使っていなかった場合、2つのサイトで人妻から全然反応がないと、「全く反応ないな~」となって、それが1週間も続くとイヤになります。

怒っている男性

しかし、8つのサイトを使うと、8つのうちどこかのサイトで進展することが多々あります。

1人でも人妻とLINE交換できると、他に反応がないことはどうでも良くなります

また、複数サイトを使っていると、メッセージやLINEのやりとりをする人妻・熟女の人数も3人、4人と増えてきます。

そうすると、1人の人妻に断られても精神的にダメージは小さく、執着することがなくなります

笑っている男性

営業で言うと、見込み客が100人いれば10人に断られても全然ダメージは小さいのと同じです。

ですので、精神的にラクになるためにも、できるだけ多くの出会い系サイトを同時進行で使うことをオススメいたします。

PDCAを回しやすい

使う出会い系サイトが少ない場合

PDCAという言葉を聞いて事があると思いますが、要は多くのサイトを使うことで、データが集まりやすくなり、効果検証がしやすいということです。

※PDCA:Plan(計画)、Do(実行)、Check(測定・評価)、Action(対策・改善)でやり方を改善していくこと。

例えば8つのサイトのアダルト掲示板に少しずつ内容の違った投稿文を投稿します。

そこで、Aサイトに投稿した投稿文の反応がとても良く、人妻さんからメッセージが来たとします。

そうすると、反応の良いAサイトの投稿文を他の出会い系サイトでも使うことで、人妻さんからの返信数が増えます。

また他の例では、Aサイトでは金曜日の夜に投稿し、Bサイトでは月曜日の夜に投稿して、曜日や時間帯による反応率の違いも検証できます。

このように、多くのサイトを同時進行で稼働させることで、改善点を推測することも可能です。

2つや3つのサイトしか使っていなかったら、なかなかそういう考えに及びません。

まとめ

以上、多くのサイトを使うと人妻・熟女と出会える人数や出会える確率が高くなることを説明しました。

出会えていない男性の中で、結構多くの方が使っている出会い系サイトの数が少ないようです。

私のSNSのフォロワーさん119人アンケートを取ったところ、使っている出会い系サイトの数は、平均3つでした。

3つのサイトでは、なかなか人妻・熟女さんに会えている!という実感にたどり着きにくいのではないかと思います。

また、本当に出会える優良出会い系サイトを使うことも大切です。

まったく出会えない詐欺サイトもありますので、気を付けてください。

私が実際に会っている出会い系サイトは以下の8つです。

これらを全部使ってもらうと、問題ないでしょう。

以上、説明を終わります。

良き人妻・熟女ライフを!